リトソルコラム

ソルフェージュとは?

ソルフェージュ(フランス語: solfège)とは西洋音楽の学習において楽譜を読むことを中心とした基礎訓練のことである。

類義語にリトミックがあり、どちらも広い意味においては音楽を学ぶ者すべてがその専門にかかわらず修めるべき基礎訓練全般を指すが、リトミックは体の動きと音とを結びつけたリズムを中心とした訓練を指すのに対し、ソルフェージュは楽譜を中心とした音楽理論を実際の音に結びつける訓練を指す。

これらの訓練を通じて得られる能力、特に読譜能力はソルフェージュ能力と呼ばれる。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ソルフェージュは、主に【読譜】【聴音】【理論】を学ぶレッスンです。

 

■【読譜】とは?

「読譜とは、楽譜を読んでそれを音にイメージし、実際に歌または楽器で演奏することです。
ピアノや楽器を演奏するには必ず必要になることがわかりますね。

楽譜を読むには、音の高さの要素と、リズムの要素、その他の要素をそれぞれ正確に把握しなければなりません。また、音の強弱などの読み取りも必要です。
曲ごとの表現も、楽譜には書かれていませんが楽譜から読み取って演奏しなければいけません。

上級者は、初見(初めて見る楽譜)で演奏することが出来ますよね。これは、常に1小節から2小節程度先読みする技術が必要になります。読譜力を鍛えなければ習得できない技術です。

読譜はかなりの集中力が必要になります。読譜を鍛えることは、集中力が鍛えられるので、楽器の演奏だけでなく、勉強などにも役立ちます。

 

■【聴音】とは?

聴音とは、音を聞いて楽譜に書き取ることです。
一般的に、「耳コピー」と言われているものが、聴音にあたります。

聴音といえば、音を聞き取ることのように思いますが、書き取ることが重要です。

普段何気なく読んでいる楽譜でも、書こうと思えば苦戦します。
漢字の書き取りも、普段読んでいるはずの漢字が書けないことってありますよね。

真っ白な五線紙に、聴き取った音をいざ書こうとしても、調号は?拍子は?さっきの音は何拍だった?と悩むことになると思います。

苦手意識を持ちやすい聴音ですが、訓練すれば必ず上達します。

楽譜を自分で書くことに慣れてくると、楽譜が読みやすくなります。一つの音にこだわることが出来るようになり、楽譜全体の理解が深まり、表現力の上で大きな効果をもたらします。

また、一度聴き取った音を記憶して楽譜を書き起こさなければいけないので、集中力・記憶力を鍛えることになります。これは、音楽だけでなく、勉強などにも役に立ちますね。

リトミックとは?

リトミックは、スイスの作曲家・音楽教育家エミール・ジャック・ダルクローズによって提唱された音楽教育法で、「ダルクローズ音楽教育法」とも呼ばれています。

ダルクローズが開発したリトミックは、まずは音を聞き、それを感じ、理解することが第一とされ、その後に楽器に触れて、音楽を作ることの楽しさを身体全体で味わい、音楽へのさらなる興味や音感を育てていこう考え方です。

日本では、リトミックは音楽教育だけでなく、ダンスや演劇、幼児教育や障害児教育などでも、応用・指導されています。

 

■リトミックの4つの効果とは?

「リトミック」とは、いったいどんな素晴らしい効果があるのでしょうか?

 

リトミック効果1 こどもに集中力がつく!

リトミックをすることで子どもに集中力がつきます。
リトミックでは、音楽が鳴ったら動く!音楽が鳴らなかったら止まる!
などのレッスンが行われます。

音にすぐ反応できるように常に音に耳を傾け集中していないとできませんよね!

楽しみながらも音楽に集中する訓練を繰り返す事によって、集中力と聞く力を自然と身につけることができるのです。

 

リトミック効果2 こどもにリズム感が身につく!

スポーツにはリズム感が大切ってご存知ですか?
実は、どんなスポーツにリズム感が大切と言われます。

小さい頃にリトミックで、リズム感を身につければ基本的な運動能力が上がり、サッカーやスイミングなど様々なスポーツにも役立つのです。

 

リトミック効果3 こどもの想像力と表現力がつく!

リトミックでは、音を聴きながら動物の真似をすることがあります。
例えば「ぞうになりましょう!」と言われたらこども達は「ぞう」をイメージして「こんな感じかな?」と考え、ぞうを表現します。

自分で想像し、表現する力が自然と身についてきます。

 

リトミック効果4 こどもに社会性が身につく!

リトミックでは、他のこども達ち一緒に取り組んでいきます。
レッスンでは、みんなで取り組むこともあれば、一人づつ順番に行うこともあります。
これは、順番ということを意識するようになり、自分の番が来ることを理解し、社会性を身につけられます。

 

リトミック、何歳から始めるの?

リトミックは何歳から始められるのでしょうか?
リトミックはベビークラスもあり、0歳から行っている教室もあり、2ヶ月~3ヶ月以降から通える場合が多いです。
当教室では、ママと一緒のリトミック(0〜3歳)・こどもだけのリトミック(3〜7歳)とクラス分けしております。


体験レッスンのご案内

5月リトミック無料体験会
5月加古川総合文化センター

まずは体験レッスンにお越し頂き、リトミックソルフェを体験してみてください!
4月は加古川総合文化センターでも無料体験会を開催いたしますので、お近くの方はぜひお越しください。
体験レッスン後、即日ご入会の場合は入会金が半額となります。

無料体験レッスンはお一人様1回のみとさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問合せはこちら

090-4305-8104

↑LINEお友だち追加で、お問合せ・体験予約をして頂けます!(同業者の方はご遠慮下さい。)


お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

090-4305-8104

受付時間:9:00~22:00